ブラウザが対応再生に対応してません

手から手へ、色を重ね、おいしさを重ねてつくられる、
「せきの屋」の ますのすし。
明治11年創業以来、かたくなに守り通している手づくりの秘法――。
ふっくら炊きあげた越中米と神通川からとれる鱒と大岩、
氷見から取り寄せた熊笹との、色と味との得も言われぬ調和が
評判となり、初代伝右エ門、二代兼次郎、三代辰次郎、
そして四代美信の代に今日の「のれん」をつくりあげました。
時代が変わり、人の好みが変わっても、ほんとうにおいしいものは、
人々の舌に守られていくものです。
元祖せきの屋の味を、次の世代にしっかり守り渡していくのが
老舗のつとめと、一徹な職人魂そのままに、100年を越える伝統の
「ますのすし」を、きょうもお届けします。
将軍徳川吉宗に献上され、激賞を受けたと伝えられる妙味を、
どうぞ心ゆくまでお味わいください。


ウェブマガジン旅色の富山グルメ&観光特集に紹介されました   五代店主 前川雅美 敬白


本  店 富山市七軒町4−11
     電話076-432-8448
     FAX 076-432-5105

本社工場 富山市七軒町4−2 
     電話076-432-5104





sekinoya@masuzushi.co.jp